算数

算数

003

テストの繰り返しで計算力をつける
算数科では、「速く正確に」計算するという目標を立てています。各学年ごとの重点目標とする計算については、学期の終わりに全校計算テストを実施し、決められた時間内に答えを導き出す練習に取り組んでいます。
基本的な計算で、目安を持って取り組むことは、とても励みになります。計算にも自信を持たせることにもつながって、上級学年での学習におけるしっかした礎となっています。
3年生では、学習効率を上げるために担任と算数専科とのチームティーチングで授業を展開しています。また、4~6年生では、習熟度別授業となり、個々のレベルに合わせた授業で学習向上を図ります。

算数1

副教材の導入と試験制度

本校では教科書以外にも副教材として、「けいさんくん」というドリルを採用しています。計算力を身につけるために10回ほど練習し、仕上げに昇級テストを行います。1年生から6年生まで、きちんと計算力が身についたかを確認しています。
4年生から6年生は、「練成テキスト」という問題集を使い、基礎基本に留まらず、発展問題まで多くの問題に取り組み、学力向上を目指しています。

算数2 -

確実な計算力を目指して
1年生から6年生まで、全校計算テストや昇級計算テストを行っています。全問正解するまで何度も行いますので、計算力が確実に身につきます。また、1年間で全て1度で合格すると、「けいさんくん達人」として表彰されます。狭き門ではありますが、児童にとっては、とても励みになっています。
算数科 主任